唇ガサガサ

唇がガサガサになるのはどうして?

gasagasa

秋冬にかけて気になるのが肌の乾燥です。特に冬は気温が低くなるし、湿度も低くなります。きちんと保湿しないと肌はカサカサの乾燥肌になってしまう可能性があるので、肌への水分補給と保湿は欠かせません。

 

でも、カサカサの水分不足になるのは何も肌だけではありません。唇もガサガサになって荒れてしまいます。

 

唇がガサガサになるのはどうしてなんでしょうか?
その原因は、肌と同じように空気の乾燥によるものです。ただ、肌と違うのは空気の乾燥以外にも唇がガサガサになる原因があるんです。

 

実は唇が乾燥していると無意識の内に自分で舐めてしまっているんです。

 

唇を舐めると一時的には潤うように感じるのですが、実は逆なんです。その唾液が蒸発する時に唇の水分も一緒に奪われ余計に乾燥してしまうんです。

 

また、唇がガサガサしていると皮がめくれてきます。そのめくれた皮を剥がしてしまうと余計にガサガサしてしまいます。

 

唇は新陳代謝が早いので、すぐに新しい細胞が作られ皮膚は再生するのですが、無理矢理唇の皮膚をはがすのは刺激を与えて炎症を起こしてしまうので、絶対にやめましょう。

 

唇がガサガサだと気になって唇を舐めたり、皮膚を引っ張ったりしてしまうので、よけいに症状が悪化します。リップクリーム等を塗って唇を保護しましょう。

 

紫外線に当たりすぎると顔が重度の日焼けをして、唇ガサガサ状態になることもあります。日焼けをしたら化粧水などで保湿力をしっかり高めましょう。

 

生活習慣に気を付けることも、唇ガサガサの対処法として有効なポイントです。睡眠時に口呼吸をしない、濡れたタオルを部屋に掛けたり加湿器を使用するなど、乾燥ケアを心掛けましょう。

 

唇ガサガサになるとともに口角炎や口内炎になりやすいのは、胃腸の病気やアレルギー、ビタミン不足が原因かもしれません。ビタミンB群の多い食事をとるように心掛けたり、あまりにも症状がひどい場合には、病院の皮膚科や内科で適切な治療法を受けるようにしましょう。

 

唇ガサガサの乾燥対策法とおすすめリップケア方法

はちみつやワセリンでリップパックすると赤ちゃんのようなぷるぷるリップになるので、おすすめの美容法です。くちびるにはちみつやワセリンを塗ったあとラップで覆ってパックし、あとはティッシュオフするだけです。

 

ガサガサ唇にはちみつやワセリンを塗るパック方法の記事はこちら

 

オリーブオイルを唇ガサガサ部分に塗るのもおすすめです。リップメイクをするときは、リップ専用美容クリームのようなスキンケア化粧品で潤い補給をしてリップグロスなどを使用するようにすると、より効果があります。

唇ガサガサの人のリップクリームの選び方

唇がガサガサしているからリップクリームで保護しなきゃ!というのは正しい判断です。でも、いざリップクリームを選ぶのって種類もたくさんあって、迷っちゃいますよね。
ここでは、ガサガサ唇にはどんなリップクリームが最適なのかをご紹介します。

 

唇のガサガサがかなりひどいのなら、リップクリームも医薬品を選ぶのが一番です。唇のケアに効果的な成分も配合されているので、即効性もあります。「第三類医薬品」と書かれているので、選ぶ時にも分かりやすいと思います。

 

ただし、医薬品のリップクリームは普段使いをするのには、向いていません。風邪をひいていないのに風邪薬を飲んで予防しているのと同じ状態になってしまうので、普段使いをするのは、医薬部外品のリップクリームかそれ以外のリップクリームを使いましょう。

 

普段使いのリップクリームでも、ビタミンC等の有効成分が配合されているものを選ぶ方が効果があります。色付きや香りつきもありますが、唇のガサガサが気になるなら、選ぶ基準は有効成分が基準です。

 

また、リップクリームを塗るのも塗り方があります。口紅のように横に動かしてササッと塗るのではなく、縦方向に塗るようにして有効成分が皮膚へ浸透しやすくしましょう。